ピーチ航空での国内旅行の経験

ピーチ航空利用時の気を付ける点

ピーチ航空はいわゆるLCC、格安航空会社と呼ばれる航空会社です。
航空会社と言えばJALやANAなどしか思い浮かばない人は、言っては悪いですが今では相当に古いタイプの人間かもしれません。
今はピーチを初めとするLCCが世界的にも台頭してきており、それは日本国内の旅行であっても変わりはありません。
ですが、JALやANAなど旧来からある航空会社を使い慣れた人にとっては、ピーチ航空の利用は気を付けないといけない点が多々あります。
もちろん、気を付けないといけない点といっても安全性の問題ではないことは先に断っておくべきでしょう。
安いから安全面で手を抜いているということは一切ありません。

ピーチ航空で関空着いたんだけど、到着口がめっちゃ殺風景な、蛍光灯に照らされた延々と続く白い通路で、図らずもクトゥルフみを感じた。
CoCに出てくる研究室みたいな

— 七尾多紀@3/31春コミ4号館 フ02a (@nanao_taki) 2019年3月20日
それ以外の面でコストダウンを図って安い料金を実現しているのです。
飛行機での旅行となると、十分に非日常であり、サービス面でも充実したものが受けられると思っている人も多いでしょう。
しかし、ピーチのようなLCCにおいてはそのような考えはちょっと改める必要があります。
要するに、余分なサービスをできる限りそぎ落として、とにかく一人の人間を出発地から目的地の空港まで安全に運ぶということのみを主眼においているからです。
このような説明ではイメージしにくいということであれば、例えて言えば新幹線のグリーン車指定席に乗るような旅ではなくて、地元の路線バスに乗るような旅というように捉えてもらっても構いません。

ピーチ航空利用時の気を付ける点 : 余分なサービスをそぎ落として安い料金を実現 : サービスが必要な人のみ手数料がかかる仕組み